Tel.0827-34-1000(代表)

看護部理念・基本方針・目標

看護部理念

看護部理念

私たちは地域の皆様に愛され信頼される看護を実践します

看護部基本方針

  1. 高度急性期病院として、倫理的視点をもち質の高い看護を提供する
  2. 患者さんがその人らしく生活できるよう地域との連携を深め継続看護の質を高める
  3. 看護の専門家として、自律的に成長し続けられるようキャリア開発を行う
  4. 病院の経営方針に基づき、職員として経営に参画する

看護部目標

  1. 各部署の専門性に応じて、安全で良質な看護を提供します
  2. 高い倫理観をもち患者さんの尊厳を守る温かい思いやりのある看護を提供します
  3. 医療チームの一員として多職種と連携を図り、チーム医療を推進します
  4. 患者さんが、安心して入院から退院、地域での療養が継続でき、その人らしい生活ができるよう入院前から早期に入院支援・退院支援を行います
  5. 看護部の教育理念にしたがって、個人がキャリアビジョンを描き、看護実践能力の向上を目指してキャリア開発を行います
  6. 看護の質および各自のマネジメント能力の向上を目指し、PNS体制を強化します
  7. 働きがいのある職場、働き続けられる職場づくりに努めます
  8. 病院の経営方針に基づき、各部署の経営目標の達成を目指し、病院経営に参画します
  9. 病院機能評価の受審に向けて、医療の質の向上に取り組みます

看護部長よりあいさつ

当院は地域の中核病院として救命救急センター・地域がん診療拠点病院・地域周産期母子医療センターの認定を受けています。高度急性期病院として地域の医療機関と連携し、患者さん・ご家族の方が安心して入院から退院そして地域での療養が継続でき、その人らしい生活ができるよう努めております。また、高い倫理観のもと患者さんの尊厳を守る温かい思いやりのある看護を目指しています。

看護体制としてPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入して5年となり、職員同士が良きパートナーとしてお互いの特性を活かし相互に協力しながらより良いケアを追求する基盤を形成しています。

また、教育としては国立病院機構全体で目指すACTyナース(理論と技術を持って、実践し看護を創造する~高い倫理観に基づいて)を育成するための『看護職員能力開発プログラム(通称キャリアラダー)』を活用し一人一人が自律的に成長できるよう支援しています。ジェネラリストとしてステップアップするだけではなく、多くの認定看護師・専門看護師・診療看護師等のスペシャリスト、臨床実習指導者や教員、看護管理者等キャリアニーズに応じたキャリア開発も行っています。

目指す看護を実践しリフレクションしながら一歩ずつ踏み出していくことで、患者さん・ご家族により良い看護を提供できるよう共に育ち合っていける病院です。

看護部長
長谷川 美加

Nursing Department

Copyrights©2014 独立行政法人 国立病院機構 岩国医療センター All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲